ブランド買取ネットサービス利用の注意点まとめ

未分類
この記事は約5分で読めます。

ブランド買取はネットサービスが便利で安全、公正な値段もつけてくれるのでおすすめですが、いくつか利用上の注意点もあります。ネットだけで完結する場合もありますが、出張買取、または店舗買取を希望する方についても、詳しく明記しています。利用前に知っていて損はないので、注意点を頭に入れて、利用してみてくださいね。

 

ブランド買取ネットサービス利用の注意点

出張買取の場合

出張買取とは、ブランド品の査定員が申し込みを受けた家へ訪問し、ブランド品の査定を行う買取方法です。

査定員が利用者の目の前で査定してくれるので、どんな査定をしているのか、対応はどうなのか?など自分の目で見て判断できるのが良いですね。また、出張買取は基本的にクーリングオフ対応しています。だから、ブランド品買取の契約を結んでしまった後でも8日間以内であればキャンセルできます。次に、出張買取におけるブランド買取のトラブルはなんといっても「事前予約がない突然の訪問」です。

出張買取(訪問買取)は「利用者からの査定申込み」が大前提です。また、出張買取を行う行為に関する法律は、特定商取引法によって厳しく規制されています。

トラブルを回避する方法は「自身で申込みを行った」業者以外は絶対に対応しない」ことが重要です。

店舗買取の場合

店舗買取は買取方法の中では一番人気のある方法で、その地域によって店舗型の買取専門店・リサイクルショップ・質屋など様々な業態があります。

ブランド品をお持ちの方は一度はブランド品をこういった店舗へ査定に出したこともある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

対面式は変わりませんが、一部の買取店などは利用者のプライバシー観点から外から見えないような仕切りをしている場合や、まるでラウンジのような居心地の良い空間を演出しているところなど様々。

店舗買取(持込買取)でトラブルですぐに思いつくのが、やはり価格交渉でのトラブルではないでしょうか。

価格交渉トラブルは、もちろん、出張買取や宅配買取でもあるのは事実ですが、やはり、店舗買取が最も多いようです。

なぜ多いかといえば他の買取方法とは違い「利用者が自ら足を運んでブランド品を買取店へ査定に出している」からで、わざわざ時間をかけてブランド品を売りにいったのに納得できなかったために1円でも高く買取ってほしいと感じる方も多いことが背景ではないでしょうか。

宅配買取の場合

宅配買取とは使わなくなったブランドバッグや不要なブランド品を査定専用ボックスに詰めて買取業者へ送り、査定してもらう方法です。

基本的には宅配買取を取り扱いしている買取業者へ連絡すると自宅へ査定専用ボックスが送られ、送料は無料という便利なサービスです。

ただし、高価なバッグやブランド品を箱に詰めて送るという性質上、利用者(持ち主)の手から離れてしまうことや買取業者へ送るため査定風景が見えません。不安もありますよね。宅配買取で最も多いトラブルは「買取不成立後の返送時の品物の状態」です。

査定に出したブランド品の多くは購入時の値段も高いもが多く、査定にて提示された値段次第で、納得出来ない場合もありますよね。

価格に納得できず買取業者から返送(返送料無料)してもらい箱を開けて中身をチェックしたら、こんなケースに出会うかも。

  • 「送る前にはなかった汚れ、また最悪の場合、傷がついて戻ってきた」
  • 「中身がぐちゃぐちゃで返送されて返ってきた」
  • 「一緒に送ったノベルティカード等の付属品が抜けている。箱がなくなっている」

大金を出して買った高価なブランド品が、買取キャンセルして返送してもらって、こんな扱いを受けるのは憤慨ものですよね。

ですから、そのトラブル回避の方法として、「荷物を詰める前にその箱とその中身」を写真や動画で撮っておくと万が一の時にクレームできますから、是非その一手間をかけることをお薦めします。

知っておきたい悪徳買取業者の特徴

「悪徳」と呼ばれる業者の特徴は、買取サービスの質が明らかに低く雑です。

例えば、ブランド品の取り扱いにしても細かく見ることはなく、ざっと見る程度でじっくりと時間をかけて見てはくれません。

これは査定価格提示後の値段交渉にしても特徴が見られます。ブランド品の多くについては、実は買取相場の上限が決まっていて、基本的には(稀に例外もありますが)提示される値段はその買取業者における最大価格といっても、言い過ぎではない、間違いないと思います。

悪徳業者を言われる質の低い買取業者では、提示する値段が極端に低く=お客の足元を見る、そして、利用者が価格交渉を希望した場合にのみ、あれやこれや、理由をつけて高い値段を提示をして来ます。

さらに注意をしたいのは、交渉後に提示された値段が実際の買取価格の落とし所となっているケースもあって、あの手この手で利用者を納得させ、安く買取しようとしますので、ぜひ注意して下さい。

知っておいて得する優良業者の特徴

優良業者とされる買取業者の特徴として、やはり運営歴が長いことが挙げられます。そして優良店と判断できる目安をもう一つ。それは、取り扱いブランドが多いことが挙げられます。例えば、メジャーブランドはもちろんですが、日本ではあまり流通していないような知名度の低いブランドであっても同じように査定できる業者であれば言うことありません。

ブランド買取業者はライバル業者がとても多いため、業界歴が長いと言うことは、ライバルの多い業界でしっかり顧客のニーズを満たしている証拠。その結果として長年のビジネス、と判断できるのではないでしょうか。

そして、査定方法や買取価格を提示した根拠・説明なども優良店においては、他店と比べても明確で顧客が納得できる説明をしてくれます。ブランド品は市場の需要があっての買取価格の基準になります。だからこそ、「利用者からは見えない事情」もきちんと説明してくれる買取業者は、顧客側に立った優良店のポイント基準だと言えますよね。

まとめ

以上の「知っておきたいネットサービスの注意点」をお読み頂いた上で、後で「安く買い叩かれた」などと後悔しないように、どうせ売るなら良質な買取業者で気持ちよく利用できるサービスを受けたいですよね。だからこそ、このサイトでは、バイセルをオススメしています。

タイトルとURLをコピーしました